トップ

潤い唇を目指す保湿法

保湿が重要!カサカサ唇の原因

どうして唇は乾燥するの?

唇の乾燥に一年中悩まされていませんか。リップクリームが手放せなくて、ついうっかりお手入れを怠るとすぐにカサカサ、時には皮がめくれてくるといった状態です。

顔の">保湿は基礎化粧水でお手入れをしますが、唇は荒れてしまった時にリップクリームを塗るくらいしか対処法が浮かびませんね。

そもそもどうして唇は乾燥するのでしょうか。唇というのは、他の皮膚と違い少し特殊な部位ですね。実は口の中の粘膜部分が外に出て変化したのが唇なのです。その表皮はとても薄く、水分を蓄える役割のある角質層も薄いです。

さらには皮脂腺がほとんどないため、そのわずかな水分を逃しやすい構造になっています。ですから乾燥にも弱く、メラニン色素もないため紫外線などの外的刺激からも守れないデリケートな部位なのです。

唇の荒れの大きな原因には、乾燥があります。湿度の下がる秋から冬にかけて荒れやすいのですが、一年中唇の荒れに苦しむこともあります。

空気の乾燥は無防備な唇から水分を奪う原因にもなりますが、それ以外にも口呼吸であることも関係してきます。口で呼吸することにより呼気に含まれる水分が唇に残ります。この唇についた水分が蒸発する時に、一緒に唇の中の水分も奪ってしまうのです。

また、普段から乾燥に気を付けて、唇を保湿するようにしていてもカサカサ、荒れたりする時もありますよね。これは、唇に付けるものを間違えている可能性があります。普段使っているリップクリームや口紅の成分によっては、自分に合っていないということも考えられますよ。

合わないものを付け続けていては唇の状態は良くなるどころか、悪化させてしまいます。そのためリップクリームを選ぶ時は低刺激の何も入っていないものを選ぶようにしてください。

他にも摩擦や刺激が原因になっていることも考えられます。タバコを吸う人に唇がカサカサな人が多いのは、喫煙による刺激が挙げられます。これはタバコのフィルターを咥えることで、唇の水分がフィルターに吸収されてしまうことが原因です。

これはリップクリームで唇を保護することである程度は防ぐことができます。他にも刺激としては歯磨き粉や辛い食べ物なども挙げられます。また体調不良や栄養不足も唇には影響します。バランスの良い食生活は体だけではなく唇の健康にも重要なのです。


紫外線から唇を守る!



意外かも知れませんが、唇も日焼けをします。顔や体にはしっかり日焼け止めを塗ったのに、唇だけ忘れてしまうと、たっぷり陽射しを浴びた後に、なんだか唇がほてっているような、じんじんとする痛みを感じたことはないでしょうか。

そんな時は唇が紫外線を浴びて日焼けしている可能性が高いです。唇の皮膚は薄いので、体の他の部位より紫外線による刺激を受けやすいのです。ですから陽射しをよく浴びるという人は、日頃からUVカット効果のあるリップクリームを愛用するといいですね。

万一日焼けをしてしまった時は、早いうちに冷水や冷やしたタオルなどでしっかり冷やします。日焼けは、太陽の陽射しによる火傷ですから、冷やすことが一番の手当方法です。

あまりに症状がひどい場合、水ぶくれになっている、唇が腫れて我慢できないような痛みがある場合には迷わず病院へ行ってください。痛みが強いのに自己流で対処すると悪化させてしまいかねません。

それほどひどくはない時には、しっかり冷やした後に保湿します。保湿に良いのはワセリンやオリーブオイルですね。純度の高い保湿剤をたっぷり塗ってサランサップで蓋をして数分置くことで、火傷をして水分を奪われた唇のケアができます。

唇は口の中の粘膜が変化した部位ということに驚きますね。それでは刺激から弱いのも当然です。特に紫外線に対しては意外と無防備だったりしますので、日頃から気を付けたいですね。